ポケモンGO遊び方攻略

最大CP 1743~2078

ゲンガー

Gengar

最大HP 120
ゴースト / どく 不明 /
タイプ 生息地
8% 5% 7.6%
基本捕獲率 基本逃走率 2球目捕獲率
※捕獲率とは?

進化表

第1形態 第2形態 第3形態
ゴース ゴースト ゲンガー
25 100

おぼえるワザ

ワザ エナジー 威力 効率
シャドークロー 7 11 7.5
ゴースト 発動 0.95秒
ふいうち 4 7 ??
あく 発動 0.7秒
あくのはどう 45 12.9
あく 発動 3.5秒
ヘドロウェーブ 70 20.6
どく 発動 3.4秒
シャドーボール 45 14.6
ゴースト 発動 3.08秒
※攻撃効率とは?

隠れステータス

ATK 204 13位
攻撃力 151匹中
DEF 156 66位
防御力 151匹中
STA 120 73位
体力 151匹中
※隠れステータスとは?

捕獲率がかなり低いためずりのみとハイパーボールで対策をしておこう。平均能力値が高く、とくに攻撃力が高いため1体もっておきたい。高い個体値のものを育てればCP2000を超えることも。オススメワザは「シャドークロー」と「ヘドロウェーブ」です。

スポンサーリンク
clipimage_185 関連記事:ボールが0になったらWEB上のポケストップを使おう。

sponsored link

ゲンガーのトリビア

明確に人の命を奪うと明記されてる危険な部類のポケモン。 初期のゲンガーはバラつきはあったものの、設定に準拠した狂気じみた形相で描かれる事が多かった。 現在はやんちゃなイタズラっ子のようなデザインに統一され、容姿的にも人気の高いポケモンである。ポケモンの世界において数々の都市伝説を持つ。

ゲンガーは、ゴーストがピクシーに取り憑いた姿説

clipimage_273

ゲンガーの正体は、ゴーストがピクシーに取り憑いた姿という説が存在する。以下ゴース、ゴースト、ゲンガー、そしてピクシーそれぞれの身長、体重である。

  • ゴース(1.3m/0.1kg)
  • ゴースト(1.6m/0.1kg)
  • ゲンガー(1.5m/40.5kg)
  • ピクシー(1.3m/40.0kg)

ご覧の通り、ゴーストからゲンガーに進化してから、急に体重が増えている。しかし、身長はそれほど変化していない。 ゲンガーとピクシーのステータスが似ているだけでなく、姿も似ていることもあり、このような噂 が語られている。

「なかはしこうよう」追悼説

clipimage_274

サント・アンヌ号が出航する前の段階で、バグを発生させた際に生まれる「?????」という道具を使い、沖の右側へ行くと、ゲーム本編には登場しないトラックが置かれている。そして、このトラックを調べると、「GENGA HA NAKAHASHIKOUYOU」という文字列が表示されるというものである。

これは、本来なら加えられるはずのなかった「なかはしこうよう」の名前が、開発スタッフの中の誰かの仕業で、バグとして組み込まれてしまったものだと考えられている。しかし「GENGA HA NAKAHASHIKOUYOU」を確認したものはいなくデマではないかといわれている。

名前の由来

日本名「ゲンガー」

「ドッペルゲンガー(怪奇現象)」 +「幻覚(外界からの入力がない感覚を体験してしまうこと)」からきている。またドイツ語ではドッペルゲンガーを「歩くもの」を意味するらしい。

英語名「Gengar」

「ゲンガー」+「Doppelganger(怪奇現象)」

ゲンガーの出現情報(リアルタイム)


sponsored link

ポケモンGOを起動する

clipimage_221

down

コメントする




遊び方

データ

ネタ

サービス

ポケランド攻略

地域

製作者プロフィール

ポケモンGO太郎

ポケモンGO太郎

IWGPの舞台である池袋は黄色一色にするべきだと考えています。池袋G-BOYS化計画!

ツイッターもやってます



sponsored link

RSS

follow us in feedly
アクセスランキング