ポケモンGO遊び方攻略

ポケモンGOの運営公式より不正アクセスや不正ユーザーを一斉にBANする動きが8月12日から始まった。不正を行ったアカウントはペナルティの対象となり、利用を永久停止にするなど厳しい措置が課せられている。

2016y08m15d_160849604

出典:https://support.pokemongo.nianticlabs.com/hc/ja/articles/225146308

不正アカウントの対象

ポケモンGOではエミュレーターを使用したチートサイトが存在します。例えば位置情報を偽造したり、移動移動距離を稼ぐツールであったり。これらのツールを使用していると不正ユーザーとみなされ、アカウント停止処分の対象となります。これらはポケモンGOの行動規範、利用規約に反するものだから当然ですね。

個体値チェッカーは不正か

一部では個体値チェッカーを使ってもBANされるのではないか?といった噂があります。これはGoogleアカウントを使ってログインをしていなければ問題ないそうです。アプリなら不正とみなされません。

外部ツールを使う注意点

要はGoogleアカウントにログインする類のツールだと、「サーバーに負荷をかけるため不正」とみなされるようです。例えば本サイトでも紹介した個体値チェックアプリはログインをしないアプリなのででokです。また一つのアカウントを複数人でプレイしたり、共通アカウントの使用も不正に当たります。

ペナルティの対象

Googleアカウントでログインして利用するツールはすべてBANの対象となります。

  • 動個体値計算ツール
  • GPSを操作するツール
  • まとめて博士に送るツール
  • 自動化boTツール
  • 複数アカウントの利用
  • 共通アカウントの使用

アカウント停止時の解除方法

永久アカウント停止の場合は復活する術ありません。それ以外の軽いペナルティに関しては時間を待てば解除となるようです。全く心当たりが無いのにペナルティを受けてしまった場合はサポートにリクエストを送信して問い合わせてみてください。

まとめ

Googleアカウントにログインする外部ツールを使用するのは絶対に避けたほうがよいです。BANすなわちアカウントの停止が強制的に行われます。永久に利用停止となったアカウントを復活させる現段階ではありません。軽いペナルティは時間が経てば解除となるようです。今までデータを消失させないためにも健全にプレイして楽しみましょう。

sponsored link

ポケモンGOを起動する

clipimage_221

down

コメントする




遊び方

データ

ネタ

サービス

地域

製作者プロフィール

ポケモンGO太郎

ポケモンGO太郎

IWGPの舞台である池袋は黄色一色にするべきだと考えています。池袋G-BOYS化計画!

ツイッターもやってます



sponsored link

カテゴリー

RSS

follow us in feedly
アクセスランキング