ポケモンGO遊び方攻略

ポケモンGOの遊び方や攻略情報を紹介していきます。このページでは孵化そうちを裏ワザで増やして9体同時育成してみたので紹介します。

孵化そうち増量の裏ワザで同時孵化に挑戦

孵化そうちというアイテムにタマゴをいれると、移動した距離に応じてタマゴが孵化します。孵化させるための距離には2㎞、5㎞、10㎞があり、距離が長くなるほどレアリティの高いポケモンが出現します。

10㎞タマゴから出るポケモンはどれもレアリティが高いです。10㎞タマゴを集めまくって孵化しまくればかなりポケモンをあつめることができるでしょう。

孵化そうちの同時使用数

孵化そうちは、全プレイヤーが共通して1個所持しています。そしてこれには使用回数に制限がなく、永遠に使い続けることができます。もうひとつはショップで購入することができる孵化そうちです。これは使用回数に制限があり、3回使用すると壊れてしまいます。

clipimage_29

そして孵化そうちは同時に9体まで使用することができるといわれています。ということなので裏ワザでふか装置を増やして9体同時ふかに挑戦してみます。

スポンサードリンク

孵化そうちを増やす裏ワザ

ポケモンGOのキャンペーンサイト(サイト訪問者にアイテムを配布するサイト)に登録して、キャンペーンでもらったポケコインで孵化そうちを買う、これで0円でふかそうちを手に入れることができます。

キャンペーンサイトはこちらのページでまとめています。パスワードはpokepoke

タマゴ9体同時育成に挑戦

とりあえずふかそうちを2個ふやすことができたので、9体同時育成に挑戦。

タマゴ

タマゴは捨てることができなく、9個になったら入手することができないので育成するタマゴはとくに選ばなくていいでしょう。育成すればするほど10㎞タマゴが手に入る確率が上昇します。

clipimage_01  clipimage_02  clipimage_03

9体同時育成したところレアな3体をゲット

まとめ

今後もタマゴはおそらく捨てることができないから、現状10㎞タマゴを大量生産するためには、大量にタマゴを手に入れて、大量に孵化させるしか方法がないようです。

ポケモンGOを起動する

clipimage_221

down

コメントする




遊び方

データ

ネタ

サービス

地域

製作者プロフィール

ポケモンGO太郎

ポケモンGO太郎

IWGPの舞台である池袋は黄色一色にするべきだと考えています。池袋G-BOYS化計画!

ツイッターもやってます

アクセスランキング